社会保険労務士は安定して稼ぎ続けることが出来る

社会保険労務士の魅力は、仕事も去ることながら、継続的に安定した収入を稼ぎ出せる可能性が高いということです。
仕事の内容に関しては後ほど説明しますが、取引先が企業となるため、顧問契約を結ぶことが出来れば、毎月安定的収入を確保することが出来ます。
稼いでいる社会保険労務士は、そうした顧問先企業を数多く抱えいます。

では、仕事に関してですが、企業の人事や総務といった部署の仕事を請け負います。
例えば、「給与計算」、「社会・労働保険の手続き」、「人材教育の指導・相談」、「就業規則の作成」、 「労働問題の防止と解決」「賃金の制度設計」「年金の請求手続き」など、
こうした業務を専門的な法律の知識に基づいて行うコンサルタント業務です。

一般的には、弁護士や税理士といった士業と比べ、それほど知名度が高いわけではありません。 ですが、現在のようにパートや派遣、契約社員など多様化する雇用形態に制度が追いついていかず、その問題を解決するためのエキスパートとして社会保険労務士の注目が高まっています。

また、社会保険労務士は独立開業型の資格でありながら、企業に就職できるというメリットもあります。社会保険労務士の約3割は、勤務社会保険労務士と言われているくらい多いのです。

ただ、企業に就職した場合、給与形態が一般社員と同等で稼げる額は決まってしまいます。
それに企業によっては、もともと独立開業型の資格であるので、将来独立するのではないかと 警戒心をもたれることもあります。
ですから、一概に就職できるからよいというわけではないことも理解しといて下さい。

一方、独立開業すれば給料の安定は欠きますが、その分高い報酬を得ることが出来ます。
また、安定は欠くといっても冒頭で説明したように顧問契約を結ぶことさえ出来れば、安定した収入を確保でき、年収1000千万円以上のそれほど難しいことではありません。
現に稼いでいる人がたくさんいる資格でもあるのです。

しかし、あえてデメリットを言うとすれば、取引相手が企業となるため、行政書士に比べれば、 仕事を取るのが難しくなります。
何かしらの人脈やマーケティングの知識がなければ、顧客獲得に苦労する可能性も大いにあります。 もし、そうしたことが何もないのなら、まずは企業や社会保険労務士事務所に就職して 経験を積み、人脈を作ってからでも独立は遅くないと思います。
どちらにせよ、仕事のやりがいと言う意味では、今回紹介した資格の中では、 一番あるかも知れません。

次のページへ >>