とにかく年収を上げたい方は独立開業型の行政書士に!

誰しも一度は年収1000万円以上、稼いでみたいと思うのではないでしょうか?
成功とは人それぞれによって捕らえ方が違うと思いますが、それが高い年収を稼ぐことなら 行政書士の資格取得をオススメします。

意外と多くの人は勘違いしていて、行政書士は稼げないと思っている方がいます。
でも、実は行政書士は物凄く稼げる資格なのです。 現に年収1千万円や2千万円はザラですし、中には5千万円以上稼いでいる人もいます。
これは、オーバーな話ではなく現実です。

それでは、何故行政書士が稼げるのか、その理由を知るために、まず仕事内容を把握して下さい。

行政書士の仕事は、許認可や行政上手続きが必要な種類を作成し、それを役所に提出する業務を請け負います。

例えば、飲食店を開業する場合だと、営業許可を取るために保健所に許可申請をしなければなりません。その書類作成や提出を代理で行います。
また、誤った売買契約を結んでしまった場合のクーリングオフの手続きや、会社設立の手続き、各種契約書の作成などを行います。

その他にも扱える書類は多岐に渡り、その数は1万を越えると言われています。
その上、顧客となる対象は個人、法人を問いません。
つまり、行政書士は職域とマーケットが限りなく広いため、まだ何処の行政書士も手をつけていない分野があるのです。
これが、行政書士が稼げるといわれている一つ目の理由です。

次の理由は、報酬単価が高いという事。
報酬単価は、書類の内容によって異なり、自分でも自由に設定が出来るので一概にいくらとは言えませんが、大体1つの仕事で10万円くらいになります。
しかも、行政書士の仕事をしている方の多くは、自宅を事務所として1人で行っているので 経費がかからず、まるまる自分の利益になります。
簡単に言えば、10件仕事をしたら、100万円近くの収入が入ってくるのです。
細かく言えば稼げる理由はまだまだありますが、この2点は稼ぐ上で、とても重要なメリットと言いえます。

もちろん、行政書士も商売ですので、皆が皆そうなるとは限りませんし、
成功するためのノウハウだって必要になります。

だとしても、これだけ稼ぐと言う意味で可能性の高い資格はそうそうないと思います。
その上、行政書士は稼げる割に合格しやすい試験で、受験資格も必要ありません。 (試験の難易度に関しては別のページで説明します。)

もし、このサイトを読んでくれている方で、他の人よりも高い収入を稼ぎたいと考えているなら、 行政書士の資格取得をオススメします。

次のページへ >>