これから注目度が増すファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、新しい国家資格ではありますが、注目度は年々増加しております。その背景にあるのか、雇用不安、医療問題、年金問題により、各個人が将来の生活設計を真剣に考えはじめたからでしょう。

ファイナンシャルプランナーとは、金融、財政に関する専門知識を活かし、その資金計画を 立てることを行います。 要するに金融の専門家ということになります。
そのため、保険会社や証券会社、銀行、不動産などで、その手腕を発揮しているのです。

具体的な仕事例を一つ上げると、住宅を購入したいので資金計画を立ててほしいと顧客から依頼があったとします。
その場合、ファイナンシャルプランナーは、現在の収入、借り入れ、保険、税金、将来の教育費など、あらゆることを想定してコンサルティングします。
そして、その結果を元に頭金はいくら用意して、毎月の返済はいくらで、誰の名義にして、何年で返済するのかなど顧客に最適なプランを作成します。
これがファイナンシャルプランナーの仕事です。

現在は、流動化する時代の中で、その制度も日々変化しています。
その流れについていくには、業界に精通した専門家でないと対応できません。
だから、今ファイナンシャルプランナーが必要とされているのです。

では、次に気になる収入面についてですが、年収は就職した会社によって異なります。
例えば、損害保険の業界で言えば800万前後、証券会社で言えば600万円前後です。
もちろんこれはあくまでも平均ですので、役職や会社の規模によっても大きく変わります。
どちらかと言うと個人の能力もそうですが、勤めている会社によって年収がまちまちだと理解して下さい。

しかし、現在では会社に就職するのではなく、独立するファイナンシャルプランナーが増えはじめてきました。
就職に有利な資格ですが、それでもあえて独立開業し成功を収めている人もいるのです。
私の知る限り、年収3000万円を超えている人もいたりします。

独立開業した場合、何処の企業にも属していないので、100%顧客の立場に立って提案できるメリットがあります。
これが、企業系ファイナンシャルプランナーだと、どうしてもその会社の金融商品や事情に合わせて提案することになるので、顧客に最適な提案が出来ない場合も出てきます。
そういう意味では、独立系のファイナンシャルプランナーのほうが仕事をしやすく、 長い期間お付き合いいただけるので、結果的に年収が高くなります。

ただし、独立開業しているファイナンシャルプランナーは、まだまだ数が少なく、 行政書士や社会保険労務士と比べれば未知の世界です。
でも、現在、そしてこれからも需要が高まると予測されますから、今独立して成功できれば、 考えられないほどの年収を稼ぎ出せる可能性もあります。

次のページへ >>