資格取得こそが、自分を守る防衛手段!

現在、時代の変化に伴い仕事現場の地殻変動が起きています。
終身雇用や年功序列の崩壊は、一昔前から言われていたことですが、
最近では、一般的な幸せと考えられてきた固定的な図式も (例えば、一流大学から1部上場企業に就職し、そして安定的な生活を送る)崩れはじめています。

その証拠に雑誌などの様々なメディアがエリート出世コース崩壊に関する特集を 目にすることが増えました。
この背景にあるのは、これからの時代ブランド価値だけでは生き残ることは出来なく、その人自信の能力が問われていると言えるのです。

では、能力とはどういったことでしょうか?
一般的には、その人の持っている経験、スキル、知識などが上げられます。
でも、それらを身につけるためには長い年月が必要とされ、そのための環境も必要になります。 誰にでも身に付けられるというわけではありません。
つまり、仕事に対しての不安がある方のほとんどが、自分の能力に対して自信が持てないのです。 だから、就職・転職はもちろんのこと、独立だって出来ません。

それを解決する方法が資格取得になります。
何だ、そんなことかぁ~と思う方もいるかも知れませんが、資格取得こそが誰でも平等に仕事に役立つ能力を身に付け、それを磨くチャンスが与えられる唯一の方法なのです。

具体的に言えば、まず資格を取得することで、企業から積極的に採用してもうことが出来ます。 よく資格取得しても採用の決め手にはならないと言う人がいますが、それは間違いです。 現に厚生労働省が発表した採用時に重視するアンケート調査で、資格取得が2位にランクインされています。

また、資格を取得することで、その仕事の背景を知ることが出来、業務をスムーズにこなせ、 その結果自信にも繋がります。
さらに言えば、自身を持つことで、今よりもキャリアアップに対して関心を持てるようにもなります。要するに資格取得をすることで、良い相乗効果が生まれてくるのです。
だからこそ、現在仕事や収入に関しての悩みがある方は資格取得を目指すことがとても重要になってきます。

しかし、資格だったら何でも良いわけでありません。
あくまでも、資格取得というのは、その分野に対しての知識があるという証明ですから、 資格の社会的な位置づけも重要になります。

どんなに資格を持っていても仕事の需要がなかったり、希望する会社に必要がなかったりすれば まったく意味がなくなります。 その見極めをしっかりとしなくてはいけません。
ただ、興味があるから、資格取得をするということでは駄目なのです。

そこで、このサイトでは、就職対して有利な資格や独立に対して有効な資格を現在の社会的背景を踏まえながら紹介していきます。

現在、資格取得を考えている方は是非参考にして下さい。
どの資格も、仕事に直接的に結びついてきます。

次のページへ >>